結婚式を断る時に注意すべき礼儀とマナーを身につける情報サイト

>

理由別の断り方

先に予定が入っていた場合

友人の結婚式の日程がかぶってしまうということも珍しくはありません。同じ日に結婚式が被ってしまった場合や仕事のミーティング、出張が入ってしまった場合などは、きちんとメールや電話で欠席の理由を伝え、返信のはがきを送りましょう。
返信のタイミングを送るタイミングにも注意が必要です。都合をつけようと思ったができなかったという態度を相手に示すために一週間程度、時間をあけることが理想的です。
メールでの断り方の例文などは、以下を参照してください。
仕事が入ってしまった場合:「〜へ出張している為やむなく欠席させていただきます。」
同じ日に他の結婚式が入ってしまった場合:「あいにく先約があり、欠席させていただきます。」

金銭的・身内の不幸が理由の場合

あまり仲の良くない友人から招待状が届き、金銭的にできれば行きたくないというケースもよくあることでしょう。
また家族や親戚に不幸があった場合、四十九日を過ぎるまではお祝い事に参加しないのがマナーです。
これらの場合には相手の気持ちを害したり、余計な気を使わせたりしないように本当の理由は伏せたまま断るようにしましょう。
その際相手には「どうしても都合がつかない」や「あいにく先約があり」などあたり障りのない理由をつけましょう。
家族の不幸が理由の場合には、新郎新婦がそのことを知っている場合もあります。その時には電話や直接あった際に、説明をしておきましょう。
また新郎新婦と親しい場合には、それでも出席してほしいと言われることもあります。
そのようなときには電話やメールで相談をした後、出席の可否を決めましょう。


この記事をシェアする

トップへ